国内企業は肌が合わない?外資系企業を候補にしてみよう!

外資系企業は文化が様々

国内企業に就職したけれど肌が合わなくてつらいという人もいるでしょう。日本文化にあまりなじめないという場合には外資系に転職してみるのも良い方法です。外資系企業は本社のある母国の文化の影響を受けていることが多いですが、多国籍の現場になっているために文化の多様化が起こっています。現場の雰囲気が個々に大きく異なるため、外資系企業を選ぶと肌が合う現場を見つけられると期待できるでしょう。もしお気に入りの国があるなら、その国を母国としている企業を選ぶと馴染める可能性が高くなります。ただし、外資系企業なら日本文化が浸透していないと一概に言うことはできないので注意しましょう。特に文化についての悩みがある人は留意する必要があるポイントです。

国内企業に近いところもある

実際には国内企業に近い文化が広まっている外資系企業もあります。あくまで資本が外国にあるだけで、スタッフは誰もが日本人ということもあるからです。本社とのやり取りが一部の人に限られていたり、日本国内の事業をほぼ独立して行っていたりすると企業文化としては日本に根差したものになっていることも少なくありません。現場の状況は求人情報から確認することは難しいので、問い合わせて確認するか、面接でどのような様子かを質問してみましょう。転職エージェントを利用して事情を聞いてみるという選択肢もあります。外資系ならどこでも大丈夫というわけではないので、きちんと情報を得てから入社を決断するようにしましょう。

外資系求人は、海外留学の経験やグローバル企業での勤務経験を持つ人が応募可能なものがたくさんあります。