マンスリーマンションで一人暮らし?経済的に考えてありなの?

マンスリーマンションは決して高くはない

一人暮らしをするときに単身向けのマンスリーマンションで生活するという選択肢があるのを知っているでしょうか。マンスリーマンションは単身赴任のときなどに一時的に使うものであって、長期的に住むものではないと思う人も大勢います。経済的に考えて高すぎて無理ではないかと考える人もいますが、実は考え方次第では決して高くはありません。確かに一ヶ月毎の家賃で考えると普通の賃貸住宅に比べるとかなり高くなります。しかし、マンスリーマンションは家具や家電が付いているので購入する必要がありません。インターネット環境も整っていて無料で使える場合が多いので、家賃の中に含まれているランニングコストもあるので費用対効果が高いのです。

長期の居住なら家賃も低くなる

マンスリーマンションは長期の契約にすると家賃がかなり安くなる仕組みになっています。契約期間に応じて一日あたりの家賃を計算するのが一般的で、数週間~一ヶ月くらいの場合にはかなり割高に感じる人もいるでしょう。しかし、一年や二年という単位になるとかなり安上がりになり、マンスリーマンションの物件の選び方次第では賃貸マンションと同じような水準になることすらあります。そのため、長期的に住むことがわかっている場合にはマンスリーマンションはかなり安く済ませられる可能性がある住まいなのです。特に一人暮らしの場合にはマンスリーマンションの候補が多いので安くできるところを探しやすいため、積極的に活用してみましょう。

マンスリーマンションは、長い期間同じ場所に住むのではなく、短期の出張や旅行、受験勉強などのために期間を定めて物件を借りたい人に求められています。