こんなに種類があったの?!工場の仕事とは

初心者にも比較的優しいライン作業

一般的に、工場の仕事といえば、このライン作業をイメージする人が多いのではないでしょうか。決まった作業場所が割り当てられ、ベルトコンベアーで流れてくる製品の加工や組み立てを行っていきます。また、できあがった製品が、きちんと定められている仕様を満たしているかチェックをする、検品の仕事もあります。その他には、機械のオペレーション作業を行う場合や、商品の仕分けを行う場合もあり、ライン作業の中にも様々な仕事の種類があります。単純作業を繰り返すため、集中力を持続することが必要になってきます。

縁の下の力持ち的な存在、ピッキング作業

ピッキング作業とは、倉庫から必要な部品を取り出し、運ぶ仕事です。伝票や指示書に記載されているものを集めるため、正確に読み取り、集めることが求められます。また、作業がもたもたしてしまうと、生産ラインを止めてしまいかねないため、スピードも必要になってきます。台車で運ぶことが多いですが、工場によっては重たい部品を運ぶ場合もあり、フォークリフトの運転を行うこともあります。

管理能力が求められるライン管理

安定して商品を提供し続けるためには、どこかのポイントで問題が起きていないか、求められる品質のものがつくられているかチェックする立場の人が必要になってきます。ライン管理は、スムーズに製造ラインが流れていくよう、維持管理を行っていく仕事です。問題が起こった場合は迅速に対応しなければなりません。臨機応変に対応できる能力や、マネジメント能力などが求められます。

岐阜の工場の求人で人気のある職種は、検査、機械オペレーター、組立、加工、ピッキングなどが挙げられます。