外資系企業で働きたい!外資のメリット・デメリットとは

外資系企業転職のメリット

外資系企業とは、海外企業のほか、海外の投資家などが投資した資本で運営されている企業のことをさします。グローバルな活躍ができるとして転職したいと希望する人もいますが、メリット・デメリットを知ってから転職することがオススメです。

メリットとしては、高収入を得られる可能性が高いことが挙げられます。実力主義ですので年功序列の概念がなく、働けば働くほど評価につながり収入になっていきます。

ワークスタイルに縛られないと言うのもメリットです。服装はビジネスカジュアルが基本で、勤務時間もフレックスです。社員の自主性を重んじていることですので、ワークライフバランスを充実することができます。

また、日本人だけではなく外国人も多いため多様性のある環境で仕事がでできたり、評価が平等なのもメリットです。

外資系企業転職のデメリット

高収入が得られて、評価が平等であるなど様々なメリットがありますが、外資系企業ならではのデメリットもあるため転職する場合には、それも考慮して転職することが大切です。

デメリットとしては、実力主義な分だけ常に成果を求められると言うことが挙げられます。気を抜けばすぐに追い抜かれてしまい、収入が減少してしまいます。成果を上げられなければ、契約を打ち切られる可能性もあります。

多種多様な人と仕事ができる反面、文化に馴染んで主張をしなくてはならないと言うのもデメリットです。日本人は遠回しな表現やコミュニケーションをしがちですが、外資系では自分の主張をしっかりしなくてはならないのです。

また、福利厚生が充実していない可能性もあるため注意します。

外資 IT企業には、多忙なイメージがあるかもしれません。しかし、働き方の自由度が日本企業より幅広い会社も多いです。やはり企業ごとのカラーによるところが大きいでしょう。