新卒採用のコツ!新卒者の希望と企業の希望をマッチングさせる!

新卒者に具体的に希望を伝える

新卒者に求めるものを抽象的にしている会社は少なくありません。新卒者は色に染まっていないため、会社の色に染まると考えているからかもしれません。しかし、最初にミスマッチが起きると、入社後に修正できないでしょう。そのため、最初から具体的な希望を会社から伝える必要があるのです。これができていると、集まるのは条件に合う希望者ばかりです。たくさんの人を集めたいという希望を持つ会社は多いですが、それではミスマッチが起きる人をたくさん集めるのと同じです。

新卒者が望んでいることを聞く

会社の要望に沿う人を集めて、その上で新卒者が望んでいることを聞くことも大事です。条件が合っていても、新卒者の望みを叶えられないかもしれません。そうなると、ミスマッチが起きるのです。新卒者が具体的に何を望んでいるのかを聞き出すことは大事です。特にやりたい仕事に関して希望があるときには、必ず聞き出します。やりたい仕事ができないのであれば、入社しないという新卒者は多いからです。

できることとできないことを説明する

会社ができることに限界があります。希望を聞いても叶えられないものもあるでしょう。それであれば、正直に伝えることも大事です。そこで嘘を言ってしまうと、会社にも新卒者にも悪い影響がでます。辞めてしまう人を育てることになるからです。誠実に本音で話し合いましょう。

マッチングできれば長く働く社員になる

会社の条件に合う新卒者で、新卒者が希望するものを叶えてくれる会社であれば、長く働く社員になる可能性は高いです。マッチングが上手く行くと、どちらにも利益がもたらされる新卒者採用ができるのです。

新卒採用コンサルティングを利用することで、自社の必要としているスキルが明確になり、納得いく人材を採用することができます。