薬剤師って何をする仕事?誰でもなれるの?

薬剤師は薬に関する専門家

薬剤師の主な仕事は、薬の管理や調剤、服用方法の指導などです。薬局に勤務する薬剤師が最も多く、院外処方箋を持ってきた人の対応をしています。具体的には、処方箋をもとに薬を調剤して、患者に服用方法や注意点などを説明します。つまり、私たちの身近に存在する、いわば薬の専門家なのです。薬局以外には、病院勤務の薬剤師もいます。臨床薬剤師として、入院患者に服薬指導をしています。処方箋に疑問点がある場合は、医師に意見することもあるそうです。臨床薬剤師は、患者の状態を直接見て、薬による副作用や異常がないかを確認する重要な役割を担っているのです。他には、製薬会社に勤務する薬剤師がいます。薬の研究・開発が主な仕事です。

薬剤師になるには資格が必要

薬剤師になるためには、まず大学の薬学部や薬学科に進学して、6年制の薬学課程を修了することが必須です。その後、薬剤師国家試験に合格して資格を取得すると、晴れて薬剤師として働くことができます。薬剤師国家試験の近年の合格率は、約70%といわれています。ちなみに、薬学部の入学に際して、特に年齢制限は設けられていないため、社会人になってからでも薬剤師に転職することは可能です。とはいえ、6年間薬学部で勉学に励むことになるため、長い期間とその分の授業料が必要です。容易に手に入る資格ではないことは、念頭に置いておきましょう。また、薬剤師の資格があると、衛生管理者や毒物劇物取扱責任者の資格も取得可能になります。

薬剤師の免許があれば、50歳以上でも薬剤師のシニア求人があります。病院や薬局の他、製薬会社やドラッグストアで働くことが可能です。