希望に合う仕事探しの方法と電話で面接する際に覚えておきたいコツ

業種や職種に特化している求人サイトを利用しよう

仕事探しで満足するためには、希望に合う勤務先を見つける必要があります。たとえば、業種や職種に特化している求人サイトを利用すれば、豊富な求人の中から応募先を選ぶことができます。様々な業種や職種を載せている求人サイトに比べると特化している分、人によっては魅力的に感じられない可能性はあるものの、目指す方向が決まっている場合に最適です。また、特化しているため、一般的な求人サイトでは見られない会社の募集情報を見られるチャンスもあります。利用するには氏名や住所、職歴などの情報を入力して登録する必要があります。しかし、登録さえしてしまえば後は仕事探しをするだけなので求人をチェックして応募する会社を選び、見つかった場合は応募しましょう。

電話だからこそ丁寧に対応しましょう

仕事探しをしている時に条件に合う求人を発見した場合は電話をしたり、履歴書や職歴書を作成して送付したりなどで応募することになります。その後、会社に訪れて担当者と面接を行い、後日結果が伝えられるのが一般的な選考の流れです。ただ、中には即日面接や当日中に結果を伝える会社があります。また、会社に訪れるのではなく、電話で受け答えする面接を実施しているケースもあります。仮に電話で面接を受けることになった時は、丁寧な対応を第一に進めることが大切です。直接会えるなら声以外でも容姿や表情、仕草などでアピールできます。しかし、電話になると声で判断されてしまうので、直接会う時以上に言葉遣いや大きさなどに注意することをおすすめします。

仕事探しではサイト検索で情報を集める時代ではありますが、人脈、口コミも侮れません。職場の雰囲気、上司の人となり等はやはり現場にいた方もしくは現在働かれている方に相談して聞いてみるのも情報の一つです。