秘書の派遣の仕事を始める前に押さえておきたいこと

業務に必要な資格や経験について確認しよう

秘書の派遣の仕事に就きたい場合には、働き始めてから悩むことがないよう、業務で必要となる資格や経験について、派遣会社の担当者を通じてしっかりと確認することが重要です。例えば、民間企業の重役の秘書を担当する際は、パソコン操作や文書作成などの基本的なスキルだけでなく、様々な立場の人と接するうえで対人コミュニケーション力が重視される傾向があります。また、秘書の業務に関連する検定試験に合格をした人や、事務や営業などの経験が豊富な人は、より良い条件の職場に派遣してもらえるケースも珍しくありません。そこで、派遣の秘書として活躍をするために、早い時期からスキルアップを図ることがおすすめです。

給料だけでなく労働時間や勤務先にもこだわろう

派遣会社を通じて秘書の仕事を長く続けるには、基本給や手当などの待遇だけでなく、労働時間や勤務先にもこだわることが大切です。特に、様々な企業で秘書の業務に就いたことがある人は、地域によっても違いがありますが、希望通りの条件の職場で働ける可能性が高い状況にあります。派遣会社からアドバイスをもらいながら、満足のいくまで求人探しをすると良いでしょう。一般的に、上場企業の短時間勤務の秘書の仕事は、子育て中の女性も働きやすく、キャリアアップに繋がりやすいことなどから人気が出る傾向があります。こうした職場の求人に応募をするには、年齢や実務経験、資格の有無などが厳しくチェックされることがあるため、早いうちから興味がある企業の事業を把握することが大事です。

秘書の仕事は接客から業務スケジュールの管理、出張の手配など多岐にわたりますが、高いスキルと経験豊富な人材を派遣するのが秘書の派遣です